main_img
  • TOP>
  • 聖書日課の用い方

聖書日課の用い方

この聖書日課を、<家族そろっての家庭礼拝>、<職場での朝礼>、<個人のみ言葉と祈りの時>などで用いましょう。毎日、時間を決めて続けることでキリスト信仰が深まります。
なお、この聖書日課には、点訳とテープ録音されたものがあります。事務局までお問い合わせください。

その日の日課のうち「中心となるみ言葉」を(  )で表示しています。また、該当する聖書本文の文頭に「★」をつけています。説き明かしもその句に焦点を合わせて書かれています。日課は、日によって長かったり短かったりします。長短に関わらず全部読むことが一番ですが、ごく限られた時間をとって、み言葉を聴き、祈って一日を始める方もいらっしゃいます。そういう方はこの中心聖句だけを読んでも、みことばが伝わるようにと工夫いたしました。より多くの方々に日ごとの糧を運ぶことができますように……。

1.讃美歌

(その日のみ言葉とメッセージの内容にそった讃美歌が選ばれています。)

2.み言葉を耳から聴くことで、神さまからの語りかけを静かに受けましょう。

(グループの場合) 当番の人が読むか、あるいはみんなで輪読します。
(ひとりの場合) やはり自分で声に出して読むことを勧めます。
*読む人はゆっくり、はっきりと読むようにしましょう。
*読み終えたら、しばらく沈黙のうちに、み言葉をはんすうしましょう

3.メッセージの朗読

(同じく声に出して、語りかけるように朗読しましょう。)
*日課のみ言葉から、一つのテーマにしぼった、牧師によるワンポイント・メッセージです。
*み言葉を受けての祈り(祈りの一行目)をもって朗読を終わり、しばらくメッセージを静かに深く味わいましょう。

4.自由な祈り

(讃美、感謝、願い、とりなし、決意など、心の中の思いを飾らずにまごころをこめて)

5.教会のための祈り

(祈りの二行目に書かれている教会を覚えて)

6.主の祈り

聖書日課試し読み

過去の聖書日課をおためしいただけます。ぜひご覧ください。
冊子版をご希望の方はお問い合わせよりご連絡ください。ご案内いたします。
Web版は新規会員登録いただくことで、最新の聖書日課をお読みいただけます。

  • 冊子おためし PDFで試し読みする
  • Web版おためし PDFで試し読みする